空とみどり.jpg

やっかれんについて

生きづらさ から 

やり直せる社会

に向かって

 やっかれんは、全国の薬物依存症家族会の集まりです。

 薬物依存症者を抱える家族は、違法・合法を問わず、依存症者本人の起こす問題に巻き込まれ悩み苦しみますが、それ以上に「ダメ、ゼッタイ」予防教育の副産物ともいわれる社会からの偏見差別に追い詰められて孤立し、日常生活さえ脅かされることも少なくありません。孤立は、問題をさらに大きく複雑にし、回復から遠ざけてしまいます。

 依存症は、身近にある誰でもなる可能性のある病気です。適切な支援と周囲の理解があれば、問題なくまた社会生活を送ることができるようになる回復可能な病気です。違法薬物の法に触れる側面ばかりが強調されがちですが、支援と理解を得て回復している人が数多くいます。また、処方薬・市販薬の乱用も、長期重症化・依存症化するおそれがあります。

 やっかれんは、薬物依存症者を抱える家族と家族会、また依存症者本人や回復施設を支援し、行政とも連携して依存症に対する社会の理解を広げていく活動をしています。

 私たちは、「生きづらさ から やり直せる」社会を願います。

​ 薬物依存症に苦しむ本人や家族の方々が、一人でも多く支援や回復プログラムにつながって「やり直し」ができる社会、それを周囲や地域が応援する社会となっていくことを願い活動しています。

​ このホームページでは、やっかれんへのお問合せのほか、全国の家族会やダルク、精神保健福祉センターなどの連絡先を掲載してあります。薬物問題でお悩みの方、一人で悩まずに、ぜひご相談ください。ご相談内容が外部に漏れる心配はありません。

活動内容

 
2014全国家族会議.PNG
スマホPC花1.jpg

省庁との連携

家族・家族会支援

相談

​毎年省庁ヒアリングを行い、家族会やダルク、医師・弁護士など専門家の声をまとめ、国に要望書を提出しています。

また、文科省の助成事業で『依存症予防教室』を実施、厚労省の助成事業で依存症啓発ビデオ、マンガを作成しました。

毎年、全国の家族会代表者が集まり全国家族会議を開催、各家族会の問題点や、国への要望を話し合います。普段はメーリングリストで情報交換していますが、この時は顔を合わせて交流を行います。

​また、民間企業助成金を活用して、各家族会へ講師派遣事業も行っています。

電話・メールで相談を受けています。

​お困りの方はお問い合わせフォームからお問い合わせください。

やっかれんフォーラム

 

やっかれんフォーラム

毎年関係各機関から専門家や回復当事者を​招いて、依存症に関する様々なテーマでフォーラムを開催し、社会に依存症の問題を発信しています。

2020年度 オンライン開催

『コロナと依存症 偏見のない社会を~正しく知って正しく恐れよう』

2019年度

『差別と偏見・排除のない社会を…~私たちは薬物健康障害対策を求めます』

2018年度

​『勇気をもって一歩前へ~社会は変えられる』

2019フォーラム.PNG

​2019年6月9日(日)川崎市総合自治会館

依存症普及啓発ビデオ

 

『もう一人で悩まないで』

 平成30年度厚生労働省依存症民間団体支援事業助成金によって作成しました。

​ 薬物依存症はその原因も症状も回復の道筋も一様ではありません。このビデオは家族及び支援関係者に向けて、その現実の一端をお伝えするものとして制作されたフィクションです。

​※無断コピー・転載を禁じます。

 
まんが表紙.PNG

『もしあなたの

大切な人が

薬物を使ったら…』

​ 厚生労働省の令和元年度依存症民間団体支援事業補助金を活用して作成しました。

​ 覚せい剤や大麻など違法な薬物だけでなく、処方薬や市販薬にも薬物依存になる可能性があります。そんなとき周囲に何が起こりどう対応したらいいのか?私たち家族の経験をマンガにしてみました。

 

『依存症予防教室』

 平成30年度から文部科学省依存症予防教育事業助成金を活用して、毎年全国3か所で依存症予防教室を開催しています。 

教室群馬.jpg

令和元年度 群馬教室

教室福島.jpg

令和2年度 福島教室

公園親子.jpg

令和2年度 オンライン教室